MENU
越谷市の矯正治療・インプラントは越谷レイクタウン南口歯科へ

子供の矯正と大人の矯正

笑顔と健康をとりもどす

これからの矯正歯科

大人と子供の矯正歯科医療について

開始時期とその意味

お子様の矯正歯科治療はいつ始めると良いかご存知ですか?

矯正歯科治療先進国アメリカにおけるアメリカ矯正歯科学会は、お子さんや症状によって差はあれど、矯正歯科治療の初診年齢として7歳をお勧めしています。想像よりも若いので驚いた方も多いのではないでしょうか。

お子様の口の中の健康を考えたとき、なるべく早く一度専門医にみてもらうのは非常に良いことなのです。
次のような様子がみられたら越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科にぜひ一度いらしてください。

咬みにくい・口呼吸・指しゃぶり・前歯の重なり・関節雑音・前歯が出ている・前歯が反対・咬み合わせが悪いと感じる・上と下の前歯に隙間がある・いつも口が開いているなどは特徴的な異常症状です。

早期初診から得られる恩恵

あごの正しい発育を促す

早い段階で歯並びを良くしておくことで偏りのない噛み合わせになり、お子様の正しい発育を促します。

動きやすく、痛みも少ない

取り外しのできる矯正装置を用いて予防矯正をしておくと、痛みや圧迫感も少なくて歯を動かしやすくなります。

抜歯の可能性が減少

子どもの成長時期に合わせて、顎を広げるまたは成長を促すことにより抜歯が不要になる場合もあります。

コンプレックス解消

矯正治療によりきれいな歯並びを手に入れ、コンプレックスを解消すると健全な精神発達の促進にもつながります。

大人の矯正歯科治療は当たり前!?

隙間のある歯・出っ歯・受け口・上下の前歯が重ならない・歯のでこぼこ・かみ合わせの悪さなど、歯並びのお悩みを挙げだしたらキリがありません。

ですがどんな年齢の方でも、矯正歯科治療を受ければ必ず生活はより良いものになります。
歯を移動させるのに用いる装置や仕組みは基本的には子どもでも大人でも同じです。

矯正装置を付けているからといって、普段の暮らしの障害になるような事はありません。
食事やカラオケなどはもちろん、激しいスポーツだって問題なくできます。
キャラメルやチューインガムを噛むのが制限されることが少し不便なくらいです。

やはり何より笑うと見える金属が嫌で矯正治療を思いとどまっている方は非常に多いです。
しかし、現代の矯正歯科は科学技術の進歩により目立たない矯正装置が主流になっております。

矯正歯科治療を行う成人はこの10年で倍増しました。
もはや大人でも矯正治療をするのは常識といっても過言ではない状況になりつつあります。

あなたも悩む前にまず一度私たちに相談してみてください。

インプラント・インビザラインのことなら越谷レイクタウン南口歯科へ!
お電話・メールから、お気軽にご相談くださいませ。

2019 © 越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科