MENU
越谷市の矯正治療・インプラントは越谷レイクタウン南口歯科へ

無痛治療(痛くない治療)

当院は治療の痛みを最小限に抑えます。

「歯医者」=「痛い思いをするところ」。
こういったイメージを抱かれている方は非常に多いです。確かに治療するうえで、麻酔を打つ際など痛みを伴うことがあるのも事実です。

しかし、当院ではこのイメージを払拭し、特に子供たちにとって歯医者は怖いところではないんだという認識を持ってもらうために「痛くない治療(無痛治療)」に力を入れています。

歯医者は「痛い思いをするところ」ではなく「痛みをなくすところ」だからです。

1. 33Gの麻酔針

麻酔注射の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使うことも重要のため、当院では販売されているものの中で、1最も細い針である「33G」の針を使用しております。
一般的に使用されている30G、31Gよりも細い針になります。

2. 注射をする前に塗る麻酔薬を使用

麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。
そこで、当院では「表面麻酔」と呼ばれる塗るタイプの麻酔薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしております。

3. 麻酔薬カートリッジウォーマー

人は自分の体温より差があるものに痛みや違和感を感じやすいものです。
そこで当院は麻酔薬の温度を体温と同じ位に温めることで、薬液を注入する際の刺激を減らすようにしております。

4. コードレス電動注射器

麻酔液は一気に注入することで、痛みを伴うことがあります。
つまり、一定の圧力・速度で麻酔を注入できれば、痛みを抑えることが出来るともいえます。
当院では電動麻酔器のIC制御で一定の圧力・速度で麻酔を注入するので、痛みの少ない注射を可能にします。

インプラント・インビザラインのことなら越谷レイクタウン南口歯科へ!
お電話・メールから、お気軽にご相談くださいませ。

2019 © 越谷レイクタウン南口歯科・矯正歯科